授業不足を補う家庭教師の存在

家庭教師という職業は古くからあるもので当時は子弟を将来、 貴族や富豪にする為に必要な教養を貴族などの家庭で授けていました。 現代の日本では義務教育を受ける義務があるため家庭教師でのみの教育を受ける子供は殆どいません。 日本での学校と家庭教師の役割としての大きな違いは学校では義務教育として 「子供に受けさせなければならない教育」を授業を通して子供に授けます。

家庭教師は「学校での授業不足の補い」「志望校に合格する為の受験勉強の指導」などを目的としています。 学校での授業不足を補うものとしては家庭教師以外に学習塾や通信教育などもあります。 子供の将来のことを考えるとどういった方法で勉強を指導すればいいのかは保護者なら誰でも悩むことですよね。 近年では学習塾に通わせている保護者も珍しくないです。 授業不足の補いや受験対策として様々な方法がありますが今回はその中から家庭教師についてご紹介します。

家庭教師と聞くと多くの人は学習塾よりも高い、家庭教師の選び方が分からない、 などの疑問があり敷居が高いイメージが付いていて中々選択肢には上がりませんよね。 この記事ではそういった家庭教師をつける際の疑問や選ぶ際のポイントなどを中心に説明します。 多くの保護者が子供を通わせている学習塾と比較をしながら家庭教師をつけた際のメリットやデメリットをみていき、 それらを踏まえて最適な家庭教師を選ぶことで受験対策や日頃の子供の勉強スタイルに合わせる幅を広げていきましょう。

〜家庭教師関連サイト〜
学力をつけるには授業だけでは限界があります。初めて家庭教師を頼むときに参考になるサイトです。 ・・・ 家庭教師